知多半島 Shore Mebaring

知多半島でメバリングを楽しむ週末アングラー。

運命の赤い糸

「毎週、毎週、飽きもせずよくやるねぇ〜」
なんて声が聞こえてきそうですが、私この
釣りしかしませんので仕方ないんです。
本日の夕方は職場の歓送迎会。
大好きなアルコールをグッとこらえました。
職場の皆さん、ごめんなさい。
この後、大急ぎで車を走らせる。
到着したのはPM10:30。 満潮間近だ。
早速ワームを数種類、数色試してみるがメ
バルの反応がイマイチ。
ここでは、フグの反応が悪いものはメバル
の反応もいまひとつといった感じを受ける。
ワームのチョイス、このへんは毎回私の腕
の無さを痛感させられる部分です。
ここで、先回の影武者を試す。
フグにやられながらも、手持ちのワームの
中ではメバルの反応が一番イイ。
21cm、22cmと2匹キープできたところで
「グンッ」
フルキャスト直後のアタリ。
ざっと50m沖だ。
しかもデカい!
引きを楽しんでいる場合ではない。
回収中2回ほどブレイクの壁にもっていか
れる。
それをなんとかクリアーして無事にゲット。



「ホッ」と一息。
随分気持ちが楽になりました。
でも、気が付けばワームもすでに1袋以上
使っていました。
このままではヤバい。
先回も相当フグにやられ痛い思いをしたの
で今夜は青イソメ持参です。
そしてここからはエサメバ。
水中で「ウネ ウネ ウネ」と動いている
青イソメを想像する。
メバルから見れば
「たまらなく美味しそうだ」
なんだと思います。
やはり自然なんでしょうね。
この後、リリースも多数でしたが、20cm
アップを数匹キープ。
500円のエサはここで完食。



今入っているポイントは遠浅でのこぎりの
刃を逆さまにしたイメージです。
当然、魚が下へ突っ込めば根ズレをおこし
ます。
ここで今回紹介したいのが幸運を呼ぶ
「赤い糸」です。
この釣り場では、この糸無しではこのよう
な釣果を出すことができません。 
良型に突っ込まれたら
「チ〜ンッ ¥¥¥」です。  
飛ばしウキがいくつあっても足りません。
今回もこの有り様。



白くなっているところが根ズレによるダメ
ージを受けた部分。
根ズレだけでなくホンダワラなどの海藻の
絡みや擦れにも有効。
私はこのラインを飛ばしウキから80cmほど
上に使用しています。
万一の時も、飛ばしウキだけはよっぽど回
収することができます。
この赤い糸が釣果を左右するといっても過
言ではないでしょう。
知多半島 Shore Mebaring 神にばかり頼っ
ていると思ったら大間違い。
こういった対策もちゃんとやってますよ。
あと、この運命の赤い糸が私の小指と繋が
っているわけではありませんので御間違い
のないよう御願いします。