知多半島 Shore Mebaring

知多半島でメバリングを楽しむ週末アングラー。

影武者

メバルの記事も随分と減りましたね。
ここ知多半島でもメバルを狙っている人
が少なくなりました。
いろんな魚種へ分散したのか?
釣れないからなのか?
確かにこの時期からメバルの難易度は更
に上がる感じがします。
先回なんてワームの本数でいうなら30本
以上食欲旺盛なフグの餌食になりました。
ざっと2袋半、  「痛いなぁ〜¥」
少ない小使いですから毎回これだけフグ
にヤラれていたらたまりません。



こんなラインナップの中からここ数回フグ
にヤラれながらも結果を出してくれている
のが
テンプト ベビーフィッシュ 1.5インチ
オレンジグロー 残りは数袋。
「これはヤバい」ということで
行きつけのショップで2袋ワーム補充。
そのまま短時間のテスト釣行。
しかし、海は大荒れでテストにならないほ
どの状況。
こんな中でもいるんですね〜 私のような
キの字マークを付けた人がわずかに一人…
「この人も相当だな」
と思いつつテスト強行。
沖のブレイクで立った波に飛ばしウキはも
みくちゃにされながら、更に切れたホンダ
ワラが絡む。
非常に手返しが悪い。
そんなキャストの繰り返し。
と、ここで 「グンッ」
まさかのアタリ。
波に乗ってしまい重いのか?
藻が絡み重いのか?
海が荒れていてもはや判断できない状況。
いや〜 知多半島 Shore Mebaring
久しぶりに神を頼りました。
「頼む バレるな!」
やっとの思いで引き摺り上げたのは
まさかのナイスワン。



写真撮影ができる所まで戻り準備。
その間、小さな潮溜まりでワンショット。




口閉じでも25cmは超えましたかね。
体高と肉厚、申し分ないコンディション。
しかし、後にも先にもこの1匹のみ。
はっきり言ってテストになりませんでした
が、このワームにメバルが口を使ったとい
うのはまぎれもない事実。
はたしてこのワーム、テンプトの影武者に
なれるというのか?


大型量販店に行くとズラリと並ぶ品揃え。
ワームの形も色もハンパない数。
それがネットともなればその数倍。
この中からどうやってチョイスすればいい
のでしょう?
モノが有り過ぎ、溢れ過ぎているというの
ははたしていいことなのでしょうか?
それともそういう時代なのでしょうか?