知多半島 Shore Mebaring

知多半島でメバリングを楽しむ週末アングラー。

俺のフロート海面を跳ねる?

今週はガチで食材の確保とまいります。
月明かりは無いのですが、今回は濁り。
潮通しも良く、滅多に濁らない場所なの
ですが先日の豪雨の影響でしょうか?
川から相当な濁りが入ったのでしょう。
東の風がそこそこ吹いてましたが、波は
いたって穏やかでした。
500円の青イソメ、これを温存させる様
に合間にワームを入れる。
そして、波が穏やかなので少々無理をし
て地磯の奥へ入る。
脹ら脛(ふくらはぎ)あたりまで水に浸
かりながらの釣り。
波の高さを考えたらここが限界でしょう。
青イソメでまずは魚の活性を調査。
あれほど厄介だったフグがほとんどアタ
らずワームを使うには好条件か?
リリースが連続する中20cmアップを拾っ
ていきます。
ウェーディングしている為、手持ち写真。



単発でキープしたメバルのサイズは22cm
から23cm。
大型こそ出ませんでしたがそんなサイズが
7匹と21cmから20cm4匹で計11匹とよく
揃ってくれました。
魚自体のコンディションは最高です。
まるまるとして脂もしっかりのせてますか
ら20cmでも強い引きをみせます。
今、まさにフルパワーといえます。



おかげさまで我が家の食材を無事に確保
することができました。
あと、こんな素敵なゲストも!



メジナ(口太グレ)35cmくらい。
同じサイズでクロダイと比べると引きは
グレの方が強烈。
走るは、突っ込むは、私もてんてこまい。
でも、私にはアノ「赤い糸が…」フフフ
グレを見事にゲット。
撮影後はリリースしました。


更にはこんな方も!



ビッグロック、いつから海で虫取り始め
たんだ?
って思った方、間違えないで下さいね。
昆虫じゃありませんから。
いきなりひったくられたと思ったら私の
飛ばしウキが
「ピョン ピョン」と2回海面から跳ね
上がりました。
一瞬、何がおきたか分かりませんでした。
昆虫?も相当ビックリしたのでしょう。
ウキは沈むもので、まさか空中へ跳ね上
がるなんて初体験。
私もここ知多半島で泳いでいる姿は見た
ことありましたが釣り上げたのは今回が
初めてでした。



答えは   トビウオです。
フジツボの上を跳ねるため傷だらけに
なっちゃいましたがこの後リリース。


今夜は楽しい満足のいく釣りができま
した。
内蔵半摘出手術
このオペを連続11回。
私もくたくたです。
ガムシロップは飲みませんが、ビール
をたっぷり飲みたいです。