知多半島 Shore Mebaring

知多半島でメバリングを楽しむ週末アングラー。

ぶらり途中下車の釣り


玄関のドアを開ける。
外は蒸し蒸しムンムン。
今夜はタフな釣りになりると予想。
いつもの釣り場に向かう途中、2カ所ほど
立ち寄って様子をみたいと思います。
どちらとも随分と久しぶりのポイントです。
まずは最初のポイント。
エアコンの効いた車内から外へ出た途端、
近眼老眼の私の眼鏡は一気に曇り視界は真っ
白です。
青虫で5分程度撃ち返してみる。
速攻フグの反応
「コンコン、コチコチ」
まったくイイ仕事をしてくれます。
粘るまでもなく2カ所目へ車で移動。
すると、ここもフグ一色。
この状況では打つ手無しです。
残念ながら2カ所目のポイントも早々に見切
りをつける。
最終的にいつものポイントへ移動。
風はほとんどないもののかなりうねりが入っ
ており波が立っている。
フルキャストした飛ばしウキは波にもまれラ
イントラブルの連続。
そんな状況で20cmちょっとのサイズを2匹
ゲット。




しかし後が続かずフグの猛攻。
このままとうとう満潮を迎えてしまう。
そこから更に数十分ノーバイト。
普通はこのあたりで納竿、撤収となりますよね。
けれどもあきらめが悪く週1回の楽しみに全力
を尽くすのが 知多半島 Shore Mebaring
するとしばらくしてフグがおとなしくなりメバ
ルがアタりだす。



今日イチだがかなりスマートでした。
そして連発。





メバルを数匹追加し、最後はクロダイで〆。
こんな荒れた日に青虫を使うと高確率で遭遇し
ます。
すでに7月に突入しました。
もうワームでゲームを組み立てることができる
状況ではありませんでした。
今回エサメバ一色になってしまい申し訳ありま
せん。
知多半島 Shore Mebaring
執念の釣果はこれ。



20cmから23cmとよく揃ってくれました。
ここ数回、25cmクラスを出すことができません。
そろそろこのポイントも終わりが近いか?
そして、今度の台風がどう影響するか? 少し
心配な部分です。


さて、帰りの道中もう一カ所寄り道です。
知多半島道路のあるサービスエリア。
今のポイントに入るようになってからはいつもこ
こで水道を借りリールとロッドを軽く水洗いして
帰ります。
ここで出会った素敵な友人との再会がもうひとつ
の目的。
先週、大雨だったので会うことができずとても気
掛かりでした。
でも、今夜は友人の方から出迎えてくれました。



随分人慣れしています。
シッポをピンと立てすり寄ってきます。
車に忍ばせてあった鰹節パック、2袋ペロッと
食べてくれました。
四足歩行だけど私の友人。
素敵な途中下車でしょ。