知多半島 Shore Mebaring

知多半島でメバリングを楽しむ週末アングラー。

救世主は薄雲のベール


まだまだいけるか? 知多半島夏メバル。
月は時折顔を覗かせるものの薄雲が月の
明かりを半減させてくれました。



風は弱く蒸し蒸し状態。
夜といえどかなり厳しいコンディション。
今夜の敵は虫と湿度。



市販の虫よけスプレーが効かないわけで
はないと思うのですが、虫の方が一枚上
手というべきか強烈な攻撃力。
ロッドを持つ手はリールを回す方の手よ
り刺されてしまいます。
蚊に指を刺されるとたまらなくかゆいで
す。
更にはグローブの上からもやられます。
ライトを点灯させると10匹以上の虫に囲
まれていて、とても釣りに集中できる状
況ではありません。
この程度の精神統一すらできないのが
知多半島 Shore Mebaring
そして、透湿性の無い安物のウェーダー。
釣りが終わり胸元まであるウェーダーを
脱ぐと下にはいているジャージは蒸れて
グッショリですから水分補給は必須。
ちょっとしたプチダイエットかも?


そして、釣りの方はというと先回の敗北
感をバネに全力釣球。
その甲斐あってかこの時期にしては型も
申し分なし。





AM2:30 早めに納竿。
蚊の猛攻に私の精神が耐えられません
でした。



今回、フグの他にピンサバの群れがウ
ロチョロ。
ワームを使えばフグにブツンブツンに
され、青虫を使えばフグとピンサバに
食われる始末。
なんて恐ろしい海なんでしょうか。
これでよくこの釣果を出せたものです。
知多半島 Shore Mebaring
ナイスリカバリーですね。
でも、今夜の救世主は月を隠してくれ
た薄雲のベール。
まだまだいけそう知多半島夏メバル。



さて、今夜の友人は?
今回の手土産はこれ!




とても美味しそうですが間違っても私の
ビールのつまみではありませんので誤解
のないようお願いします。
一袋90円で4種類買ってみました。



笹かまぼこよりもガツガツ食べます。
さすがは猫のおやつですね。
そして友人になんと仲間がいました。



この子は立ち上がり両手を器用に使い
ます。
私がここに立ち寄れるのもメバルが釣
れている間だけ。
あと少しここへ立ち寄ってあげられそ
うです。