知多半島 Shore Mebaring

知多半島でメバリングを楽しむ週末アングラー。

SPARK LIGHT こいつはマジでヤバイ!


知多半島、今週はあちらこちらで花火
が上がっていました。
道中車窓からこっそり納涼を堪能しま
した。
アッ! すみません花火の写真ありま
せん。
ここ豊浜もお祭りだったようで港がと
ても賑わっていました。
ここも先ほど花火が終わったようで、
海沿いの道路を大勢の人が歩いていま
した。
そういえば昨年は海に浸かりながら一
人花火を満喫したっけ。
実は私、人混みというのが大の苦手。
定年してからはひっそり漁師町暮らし
を夢見ています。
小さな小屋と小さな船、ビッグロック
のささやかな未来予想図かな?


さて今回は2回に分けたいくらい写真
がありますので言葉少なめにいっちゃ
います。
今夜も波はいい感じに立っています。
そして、東の風がけっこうあり蚊を気
にしなくてもよく快適な闇夜になりま
した。
初めてすぐにクロダイ。
波の中をゴンゴン突っ込まれましたが
無事にキャッチ。
太軸のフックが上唇のど真ん中に!
プライヤーとかあればいいんだけどこ
れを手で外すの大変でした。



あとはグレ。
遠浅なのでよく走りました。



お馴染みの外道コンビ。
私のロッドを絞り込み楽しませてくれま
した。
海の中は高活性。
肝心なメバルはというとリリースの連続。
先回のように型が拾えずMAXで22cm。
22cmから20cmを6匹キープ。





先回まで型揃いだったので少々残念。
でも、家族で1回分の食材と考えれば
十分ですね。



さて、ここで感動の逸品を紹介。
普通のアングラーなら無縁の商品かと
思うのですが自作フロートを使う者と
してはマジで助かります。
沖のブレイクを探っていくにはキャス
トしたフロートの弾道を把握する必要
があり、電気ウキほど光らなくてもち
ょっとしたマーカーが不可欠。
飛距離が50mオーバーともなれば尚更。
今まではこんなLEDをマーカーにして
いました。



価格は私の行く店で420円 税込み。
釣行2回は光り続けてくれます。
この電気の代用として店主にすすめ
られたのがケミカルライト。
商品名は SPARK LIGHT。



2本入りが3袋セットで250円。
丁度、ケミホタルの同じ25mmが
あったので比較してみます。
価格はケミホタルの方が高いです。
同じ25mmでも長さ太さ共に一回り
大きい。



それでは発光させてみます。



驚きの光量と輝度。
違いは一目瞭然です。
撮影モードの影響かもしれませんが
発光している白い部分の大きさが全
然違います。



今度は実際にセットしてみます。
嬉しいことにどちらも太さは同じ。
フロートに開けた穴に刺し込んで
撮影してみました。



今まで使っていたミライトはこん
な感じ。
決して悪くはありません。
次に SPARK LIGHT。



発砲スチロールまで透過させるほど
明るいです。
この明るさをいつまでも持続できる
わけではないので2時間くらいで交
換します。
それでも250円で6本ですから1本
当たり40円ちょっと。
素晴らしいコストパフォーマンスた
と思いませんか?
最近はこればかり使っています。
フロート以外の用途にも使えそうで
すよ。
ボンビーアングラーのビッグロック
もマジでオススメ。


SPARK LIGHT
コイツはマジでヤバいぞ!