知多半島 Shore Mebaring

知多半島でメバリングを楽しむ週末アングラー。

見事にハマったシューティング

空は厚い雲に覆われています。
そして明日は早朝より雨予報。
自転車はとりあえず中止して有効に
時間を使いましょうか。
私と女房、互いの実家に出向きお墓
参りをしてきました。
そして夜は連休2回目の釣行に出掛
けました。
お盆くらい殺生はやめようかと思っ
てましたがイイ感じの曇り空に誘わ
れちゃいました。
今晩は満潮から下げ勝負。
月明かりこそないものの今夜も波風
共にいたって穏やかです。
スタート後約1時間、やっと1匹目。


でも、このままでは先回と同様に撃沈
確実ムード。
知多半島 Shore Mebaring
ここで多くの引出しから究極とされて
いる鉄管シューティングにあえてチャ
レンジ。
思考を変えてみるのも流れを変えるき
っかけになるかもしれません。
昔、海苔の養殖で使っていたネット取
付用の鉄管が無数に立っているエリア
に移動。
この鉄管の間を釣っていくというもの。
こんな穏やかな日はチャンスとはいえ
その間隔は3mか場所によってはそれ
以下。
風や波があると簡単にPEが鉄管を巻い
てしまいます。
今晩はそんな釣りに挑戦できるこの時期
貴重なフィールドコンディション。




帰り際の写真で潮が引いてしまった
後の風景ですがこんな感じです。
車の中を掻き回すと1個だけ出てき
ましたよ。
「小粒弾」


リーダーは40㎝。
本来、6ftくらいのショートロッドで
テンポよく撃ち返すのですが今回は
飛ばし用のロッドでそのままいきます。
ショートロッドならジグ単も面白いと
思いますよ。
低い弾道でキャストしサミングは必須
です。
さて、青虫シューティングの開始。
このハイリスクはワンキャスト毎にド
キドキしますね。
心臓に悪いゎ。
そして、予想に反してガンガンバイト
してきました。
サイズはやっぱりほとんど20㎝以下。
15匹くらい釣りましたがキープしたの
は5匹。





このグレは大変でした。
横へ走られリーダーが鉄管に擦れヒヤッ
としましたが無事にキャッチ。
リーダーの一部がザラザラでした。
1個しかない小粒弾ですからロストする
わけにはいきません。
小雨がパラついてきました。
その後、数匹ヒットさせるもキープする
にいたらず。
そして雨も本降りになってしまったので
ここで納竿。



どうでもいいけど
知多半島 Shore Mebaring
諦めが本当に悪いですよね。
ワームでこの釣りが確立できたらマジ
でカッケーけど腕がないのでつい青虫
に頼ってしまいます。


お盆の単独ウェーディングは不気味で
少し怖かった。
鉄管のフィールド写真も変なものが映
らないか? とても心配でした。
最近、心霊のテレビ見たばかり。
以外にビッグロック小心者です。