知多半島 Shore Mebaring

知多半島でメバリングを楽しむ週末アングラー。

私、失敗しないので…


仕事を終えた後、少し仮眠をとりいつ
もの海へと車を走らせた。
到着したのはPM11:00。
予想はしていましたが、潮はほとんど
下げており頭上に満月。
海面はテカテカ、地磯はライト無しで
も歩けます。



西へかなり傾いてもこんな状況です。
月明かりと濁りは私が最も苦手とする
シチュエーション。
おまけに波気も無くここではかなり静
かな方。
広範囲に探るも
「コチ コチ」
「コン コン」
何処を探ってもフグの猛攻。
あまりのフグの多さに切られ難い素材
の月下美人を使いました。
しかし、ワームを何回付け替えてもブ
ツブツと切られ無惨な姿に…
このままでは一袋、二袋、あッという
間だ。
先週の爆釣がウソのようだがここはひ
とつメバルの習性を考えウィード、天
然磯のスリット、そしてブレイク周り
に的を絞る。
それ故、かなりタイトでテクニカルな
釣りを要求されます。
私の超苦手なパターンだ。
しかもリスキー。
案の定今夜も飛ばしウキを1個ロスト。
でも、必ず身を隠し張り付いている筈。
するといきなりヒット。
20cm程度。  そしてもう一度同じ場
所から同サイズを追加。
読みは的中し移動しながら更に数匹追
加する。
潮も大分満ち込んできたので今度は沖
のブレイクに向かってフルキャスト。
「気持ちイイ チョー気持ちイイ〜」
神経を使った後のフルキャストは最高
です。
そして、そろそろ空が白んでくる時間。
今夜はこれまでか?
と思ったその時メバルのアタリ。
かなり沖で掛けた。
どうやら今日イチの手応え。
1度ブレイクに張り付かれた。
少し待って魚の動きに合わせロッドを
リフトさせ乗り越え成功。
私の手ジャーで23cm前後。




先回のヒーローが今回も最後にやって
くれました。
口の中ガッツリです。
ここ知多半島のメバルもそろそろ終盤。
夏メバル特有の褐色がつよくなってき
ましたね。



少々型は小ぶりでしたが月夜の釣りと
いうことを考えれば◎です。
さて、毎回私が撮影するメバルの集合
写真ですがすべてノドがパックリ。
まるで手術を失敗したような姿形。
この一手間が大切です。
私の血抜き内蔵半摘出手術がこれ。
無事に成功。
「私、失敗しないので…」



必死に抵抗しながら泳いできたメバル。
残酷なようですが心臓がバクバクして
いるときにエラの下を切る。
すると尖った部分の先から血が
「ピュピュッ」
と飛び出します。
エラは血液の通り道。
その後、エラを摘みゆっくりと引っ張
るとズルズルと腸まで出てきます。
ここで気を付けなければいけないのが
肝(肝臓 ベージュのベロ〜ンとした
やつ)は絶対抜かないこと。
煮付けた時、肝から旨味がでますから。
後は海水でシャバシャバして渓流ビク
へ投入しアイスノンで冷やします。
これで、味と鮮度が保たれるのではな
いかと思うのですが。
そして、頭を落とし三枚にしてみると



いかがでしょうか?
身は真っ白でしょ。
身に血がまわっているとピンク色にな
っています。
血は臭み要素のひとつとされています
から刺身の場合は血抜きされている方
がいいと思います。
せっかくの美味しい白身魚ですから。
私の所有する旨味測定装置。
「シタベロッサー」
でも実証済みです。



今回は満月釣行と血抜きの話でした。


安心して下さい。
メロンと請求書はありませんから。